お仕事図鑑「ホテルのお仕事」



JTB沖縄人財バンクはホテルや観光業界での「はたらきたい!」を応援します!
JTB沖縄人財バンクは沖縄の観光業界に特化したお仕事を紹介しています。でも実際のところ、ホテルや観光施設の仕事内容って?どんな仕事をするの?って思われる方も多いはず。そこでフロントやベル、コンシェルジュと呼ばれるホテルの職務内容を大解剖!中にはホテル経験がない未経験の方でもできるお仕事があったりするので就職、転職活動の幅が広がるかも!

お仕事図鑑「ホテルの仕事内容」を大解剖!


ホテルの華は、宿泊部門の根幹。一人前になるにはいろいろな経験が必要
【仕事内容】
チェックイン、チェックアウト、会計、予約受付、案内、データ入力、他部署への情報共有など

どのホテルにも必要なポジションが「フロント」です。チェックインやチェックアウト、会計業務のほか、予約受付、館内の設備案内、データの入力や管理が主な業務です。重要な機関が集中しており、ベルへの指示や施設内のレストラン、宴会などへの適格な情報伝達が必要です。ホテルの顔、華となる部門なので常に笑顔で接し、言葉遣いや正しいマナー、おもてなしが求められます。また最近では宿泊予約システムも多機能で習得するのに時間がかかるため、専門性の高い職種となってきています。このため、大きなホテルでは未経験からのフロント就業は難しいですが、ベルや客室のお仕事でホテルの仕事内容をつかんでいき、ベースとなる知識を習得してフロント配属となり、予約システムを覚えて一人前のフロントマンへと成長していきます。システムの種類まで指定して求人しているケースもあり、「Opera」経験者はニーズが高くなっています。


お客様対応がホテル評価に直結!「ありがとう」と言われたときは何よりも一番うれしい
【仕事内容】
荷物の預かり、引き渡し、部屋案内、ロビーインフォメーション

ベルはホテルの中で一番お客様と接する機会が多い場所です。到着したお客様のお荷物をお預かりしたり、チェックインを済ませたお客様をお部屋までお送りし、部屋案内や各種設備案内、チェックアウトのお客様のお荷物運び、ロビーでのバスやタクシーのインフォメーションなどもおこなうなど施設内を走り回り対応していきます。ホテルマン(ホテルウーマン)への登竜門として、新卒や未経験の就業者はベルや客室から始めることが多いです。最初にお客様と接する仕事ですので、ベルの対応がホテルの評価に直結することもあり、明るく元気な人が求められます。特にリゾートホテルでは、会話でお客様の気分を上げていくことによってそれがそのまま旅の印象に直結することも多くあります。



ホテル1の情報ツウ!コンシェルジュに聞けば観光がより一層楽しめる!
【仕事内容】
お客様からのリクエスト対応業務

ロビー付近にデスクを構え、お客様からのさまざまなリクエストに対応するお仕事です。たとえば、周辺の観光案内(交通、レストラン、遊ぶ場所)や予約、航空券やレンタカーの予約確認、現地ツアーの手配やお土産の相談など、ありとあらゆるお客様からの相談にお答えします。無理難題なリクエストも代案を提案するなど、融通性が求められるマニュアルのないお仕事です。またお客様にお答えするには情報通でなければ務まりません、ホテルに精通していることはもちろんのこと、コミュニケーション能力や情報収集力や人脈形成などが必要になってきます。
また、海外(特に欧米)のお客様はコンシェルジュサービスを使い慣れているので、英語での対応を求められるケースも多く、英語力を活かしたい人にとっても魅力ある仕事です。お客様のご要望をお伺いしながら旅の楽しさを演出できる職種です。


客室を支える縁の下の力持ち。チェックインしてすぐに客室に入ることができるのは客室係のおかげ。
【仕事内容】
お部屋の清掃、備品チェック、補充

お客様がチェックアウトした後の客室の清掃、お部屋内の備品のチェック、補充などお客様がチェックインする前に「きれいで快適な状態にしておく」お仕事です。前のお客様のチェックアウト後に素早く清掃をし、客室係がくまなくチェックします。チェック内容も様々。客室の掃除漏れは無いか、トイレットペーパーやアメニティは次のお客様分用意されているか、電球切れが無いか、シャワーはしっかり出るか…etc。ハウスキーパーがOKサインを出せない限り、お客様はお部屋に入ることができません。ホテル未経験の方はまずは客室係からスタートし経験を積んでいくき、自分のホテルの商品である部屋を隅々まで把握しておくことは、ベルやフロント、宿泊予約をなどを担当する際も大きな武器となります。お部屋の清潔さや雰囲気はお客様のホテルへの評価に直結します。一見華やかではないですが、ホテルの中で最も重要な仕事の一つです。


予約の業務と一緒にマーケテイング知識を身につければ、企画力も身に付きます!
【仕事内容】
宿泊予約受付(電話、メール、FAX)の対応、部屋割り、ネット集客など

ホテルの客室の予約は一般の顧客だけでなく、団体や旅行会社などから頻繁に問い合わせが日々きます。電話、メール、FAXなど問い合わせも様々なので、漏れることない対応や今ある空室数を見極めて客室をコントロールし、所持している客室数以外の予約を取らないように配慮することも必要です。また最近ではネット予約が増えてきていて、OTA(オンライントラベルエージェント)の宿泊プラン作成・管理、自社HPでの予約管理などの業務を担当するケースも増えてきました。ホテルの収入上げるためレベニューマネジメント知識やマーケティング知識を習得すれば、宿泊マネージャーやルームコントローラーなどホテルの業績を大きく左右する役割を担うポジションを狙っていけます。これらのポジションはホテル業のもっとも面白い仕事かも知れません。


未経験でもチャレンジしやすく、やりがいも大きいお仕事!
【仕事内容】
受付、席への案内、オーダーを取り、お料理を配膳する、下げる、精算など

主にはお客様の受付、お席へのご案内、オーダー、お飲物や出来上がったお料理をの提供、空になったお皿を下げるなどが業務になります。規模の大きなレストランであれば、受付、ホールサービス、配膳、精算係など役割が分かれているところもあります。メニューやテーブルマナーはもちろんのこと、食材や料理法、ワインやお酒などの知識も必要で奥が深いお仕事です。また食品を扱いますので、清潔感のある身だしなみも必須です。レストランはチームワークが重要で常に周りを意識して行動していきます。未経験でもチャレンジしやすいお仕事で、経験を積んでいくとフロアマネージャー、レストランマネージャーや料飲支配人といったキャリアを目指せます。売上やコスト管理など飲食店の経営を行うことになるので、さらなるステップとしてホテルの総支配人に進んだり、独立して自分でお店を持つ人も多く、マネジメントを学べる仕事でもあります。


一人前になるには長い経験が必要ですが、ホテルには無くてはならない職人です
【仕事内容】
調理、料理の提供、掃除、食材手配、下ごしらえ、皿洗い、片付けなど

調理の世界では、シェフがコックをマネジメントし、それぞれのコックが調理をおこなっていきます。コックになるにも様々な経験が必要になってきます。調理の内容も様々、西洋や中華、和食、ラウンジとなるとオールマイティーにこなす必要もあります。まずは先輩コックたちからいろいろな指導を受けながら、先輩たちが調理をしやすいようにサポートをしていきます。最初はお掃除だったり、皿洗いの業務から始まりますが、仕込の補助、食材の下処理や盛り付けを経て、徐々に料理を覚えていきます。大きなホテルとなれば提供数も多いので(パーティーなどがあれば一度に1,000人の料理を作ることもあります)、コック同士のチームワークが大切になってきます。
食事は誰しも必要とし、コックはいつの時代もすたれることはありません。技術を身に付ければ仕事に困りませんし、やればやっただけ上達し、またずっと成長し続けることのできる仕事です。


ホテルの集客の70%を占める営業マン!大きなパーティーが受注できたときは最高に嬉しい
【仕事内容】
法人や旅行会社への宿泊セールス、宴会セールス

ホテルビジネスを支えているのが、実はホテル営業といわれるセールスマンたち。彼ら彼女たちは、法人(企業)や旅行会社のお客様に、「宴会や会議、団体旅行の宿泊にはぜひうちのホテルを使ってほしい」など、自分たちのホテルを積極的にアピールしにいきます。もちろん他のホテルも同様に営業をおこなっているので、競合は多く、苦戦を強いられることも。そこで人脈を使ったり、料金の交渉をしたり、プラスアルファしたりなど、ありとあらゆる知恵を振り絞ってお仕事をしています。一番ツブシが効くのも営業の良さ。何かしら理由があってホテルを去ることになっても、別の業界の営業として活躍ができます。


「●●フェア」とかの仕掛け人。企画倒れは仕事していないのと同じ厳しい世界
【仕事内容】
ホテルを知ってもらうための企画、立案、ホテルのPR活動

ホテルにもよりますが、広報(制作、PR)、企画に分かれ業務をおこなっていきます。広報の制作はチラシやパンフレットを制作していきます。制作ソフトなどが使える人たちが活躍できる場です。またPRはマスコミなどにホテルからのニュースをお知らせしたり、取材などの対応をおこないます。企画は、ホテルでおこなわれるイベントを企画し、実行までをおこなっています。「何を、いつまでに、どんな人に知ってもらいたいのか」をテンポよく、スピーディーにおこなっていくことが必要になってきます。またアイデア出しは個人の仕事でも、実際はホテルの宿泊や料飲などを巻き込んでおこなっていかなければならず、コミュニケーションも必要になっていきます。
自分のホテルの商品について熟知していることはもちろんのこと、マーケティング力、人脈、創造性、社内調整力など様々な経験・知識を必要とする高度な仕事です。


会社や社員を支える縁の下の力持ち。機密情報がぎっしりなので守れることが大前提
【仕事内容】
採用計画立案(新卒、中途採用)労務管理、福利厚生、社内環境の整備、電話対応など

総務人事と一緒になっているホテルさんも多いですが、この部署は「会社運営を円滑に進めていくため」のものです。採用計画(人数、雇用形態、給与額その他)をたてて、採用活動(求人を出す、応募者と面接する、など)をおこないます。そして採用されたスタッフの社会保障を支えるのも人事総務の役目。申請、給与計算などの労働時間管理、キャリアアップ研修、就業規則…あらゆることを管理していきます。その他総務として、日々使用するものの管理や、資料作成、会社情報や社員情報の管理など、企業秘密としての内容を多く管理する業務です。そのため守秘義務必須!計画性をもってお仕事をしたいと思っている方にはピッタリかも。


ホテル利用のお客様が施設内を安全に快適に使用してもらうための建物サポーター
【仕事内容】
ホテル館内、敷地内、客室の修繕、空調、ボイラー管理、環境美化、防火防災巡回など

例えばホテルのロビーの電球が電気がついていなかったらお客様はどんな思いをするだろうか。「きれいじゃないな、配慮されていないな」と思うだろう。施設管理はそういったホテル館内や客室の修繕をおこない、環境美化を整備していきます。また修繕だけではなく、空調の管理やボイラー管理、機械(エレベーター)の管理など多岐にわたりますが、要するに「お客様が安全に快適にホテルを利用してもらうため」に建物を管理していくお仕事です。安全に利用いただくため、防火防災対策も必要となり館内巡回もおこなわれます。法定点検、必要設備など関係法令の知識、コストコントロール、メンテナンス計画の作成など様々な経験と知識が求められる奥が深い仕事かつなくてはならない仕事です。
経理はホテルの収支を管理、購買はホテルの材料を管理しています
【仕事内容】
経理:収支管理、未払いのチェック、回収、収支報告書の作成など
購買:発注、仕入れ、棚卸など

経理と購買は部門としては一緒にされることが多いですが、業務は変わってきます。経理はホテルの収支管理、未払いのチェック、回収、収支報告書の作成など、また財務面では収支を見据えての投資系計画の管理など財務コントローラーとしての業務をおこないます。購買はホテルで使用される備品の調達業務。アメニティ(シャンプーなど)やレストランでの食材、食器などホテルにかかわるすべての備品を予算と比較しながら発注、仕入れ、管理をしていきます。また棚卸も購買の業務。人事が人材を見つけてくるなら、購買は材料を見つけてくるお仕事。よいものを見極める目が必要になります。在庫を切らさず且つ持ちすぎないように先読みして発注をコントロールし、業者との交渉で費用や品質の管理を行います。

まだまだ随時更新していきます!
「こんな職種を見つけたのだけど、これはどんな仕事内容なんだろう」というホテルのお仕事があればお気軽にお問い合わせください。
メールフォームからの問い合わせ


このエントリーをはてなブックマークに追加